糖尿病を改善しよう|低カロリーな食事を摂取する

サプリメント

海藻のヌメリが効く

海藻

がんの代替医療として

海藻のヌメリ成分であるフコイダンは、20世紀のはじめに発見された物質ですが、海藻が炎症や腫れ物を抑えることは古くから知られていました。近年では抗がん作用やコレステロールを下げる作用についても研究が進み、サプリメントとして人気が上昇しています。フコイダンの医学的な効果は、まだ十分には検証されていませんが、がん細胞のアポトーシスを誘発すると言われています。がん細胞が自発的に死ぬよう誘導することで、がんの進行を止める効果が期待できます。それと同時に免疫力を強化したり、血管の新生を抑制しがん細胞への栄養供給を止める作用も報告されています。抗がん剤のような副作用のない代替医療として、フコイダンは注目を集めています。

原料で選ぶ方法も

フコイダンには血圧を下げたり、アレルギーを予防したりする効果もあると言われています。そのため糖尿病や肥満など、生活習慣病を改善するサプリメントにも用いられます。同じフコイダンでもモズクやメカブなど、原料となる海藻によって、有効成分が少しずつ異なります。吸収されやすさや抗腫瘍作用の強さなど、それぞれに特徴があるため、目的別に選ぶのも一つの方法です。またフコイダンは高分子物質なので、そのままでは吸収率が低いという欠点があります。そこで低分子に分解され、より利用しやすくなったサプリメントも用意されています。海藻ばかり大量に摂取するのは難しいとき、サプリなら手軽にフコイダンを補給できるというメリットがあります。